メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

鹿角渓人工湿地

鹿角渓人工湿地

アンカーポイント
更新日:2022-12-23
2555

旅行のヒント

  • 湿地を歩いてエコツアーに出かけよう
  • 大漢渓自転車道に沿ってサイクリング
  • 夏に満開となる蓮の生態池

紹介

鹿角渓人工湿地は16ヘクタールもあります。大漢渓とその支流の鹿角渓が合流するところに位置し、形が鹿の角に似ていることからその名がつけられました。鹿角渓湿地は元はゴミ埋立場で、新北市政府高灘地工程管理処が整備した後、人工湿地として建設されました。水生植物及び自然浄化工法を利用して大漢渓の水質を浄化した新北市初の環境保護署の認証を取得した汚水現地処理施設です。
鹿角溪人工溼地

大漢渓の腎
鹿角渓湿地は自然湿地の環境を模倣して建造され、陸上生態系と水上生態系の過渡地帯に位置しているため、水生、陸生、両生生物に生息地を提供しています。都市汚水は湿地生態池を透過して幾重にも濾過されるため、河川の汚染を緩和する効果があります。さらに、水源を養い、急雨を調節する機能も有しています。
鹿角溪人工溼地

自転車で低炭素エコツアー
鹿角渓生態湿地内には大漢渓自転車道が通っており、サイクリングに適しています。湿地は生物に良好な生息環境を提供し、ここに生息する鳥類、昆虫、魚類、植物や両生類などの生物の種類は数百種類に達しているため、最高のアウトドア自然生態教室と休憩空間となっています。小川には多くの小さな魚や生き物が生息し、多くの鳥たちが餌を求めやっています。また、特定の季節には「生態池区」で大きな蓮の花が満開になる美しい景色を見ることができます。これは秘密です!
鹿角渓人工湿地
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路