メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

空軍三重一村

空軍三重一村

アンカーポイント
更新日:2023-12-22
4436

旅行のヒント

  • 北台湾に残された唯一の砲撃防御眷村、ノスタルジックな雰囲気は撮影スタッフのお気に入り
  • 多元的で洗練されたイベントが三重の芸術文化ライフを牽引する
  • 地下歩道の音と光の体験、道出眷村はかつて防砲陣地だった
  • 裏口の3階建ての壁画は、眷村特有の記憶を表現

紹介

「恭しく自らを強め、状況の変化に驚くことなかれ」淡水河河畔に隣接する空軍三重一村は、全区面積が約1.38ヘクタールで、北部地区で唯一残存する防砲眷村です。2006年に歴史建築物として登録され、新北市の眷村文化資産の第一例となりました。日本統治時代、連合軍の空襲を防御するために日本軍はこの地に6基の防空砲台を建設しました。1953年、防砲陣地を中心に数十軒の宿舎を次々と建設しました。その後、眷村は淡水河に隣接しているため、台風や水害などの天災による損害をたびたび受け、次々と改築され今日のような姿になりました。
空軍三重一村

北台湾で唯一残存する防砲眷村
空軍三重一村は主に高射部隊の兵士と家族に住居を提供していました。都市発展の必要に応じて、2007年から居住者は続々と板橋健華新城に移転しました。熱心な市民や団体と眷村組織は眷村の生活の記憶を保存するために、共同で眷村保存建設運動を発起し、公共機関の支持の下で、空軍三重一村の全区保存を実現しました。
空軍三重一村

新北市眷村文化園区
2019年に修復を完了した空軍三重一村は「新北市眷村文化園区」に変身し、眷村文化の保存と教育普及に力を入れています。様々な行動者の力を結集し、当地の情熱と芸術文化資源を結びつけ、眷村文化に新たな生命力を注入しています。2023年4月から、空軍三重一村の一部区域は外部委託経営権を取得した民間会社の経営に移りました。入口に新しくモニュメントを設計し、地元の特色あるお店が出店し、芸術文化創作基地に転換することで三重地方の発展を牽引しています。
空軍三重一村

注意事項

園内のガイドと歩道の音と光の体験(オンサイト・サービス・デスクでの受付):
平日-11:00、15:00
休日-11:00、15:00、16:00

打卡熱點

看更多美照
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路