メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

金瓜石黃金博物館

金瓜石黃金博物館

アンカーポイント
更新日:2022-06-14
2974

紹介

黄金博物園区には博物館があるだけでなく、坑道体験施設、神社の遺跡、四連棟日本式宿舎、太子賓館などもあります。必ず訪れたいスポットとしては、鉱業文化及び黄金の物理的特性に関する紹介と展示があり、ギネス世界記録を獲得した重さ220キロの巨大な金塊に直接触れることのできる「黄金館」、炭鉱坑道の奥深くに入り、採鉱の様子を体験できる「本山五坑坑道体験」、台湾に現存する随一の日本式木造建築及び庭園を散策できる「太子賓館」、この地の鉱業の守り神を参拝できる「黄金神社」などがあります。また、ここの「鉱

夫弁当」は大変有名で、美味しい料理のほかに、金属製の弁当箱もセットで付いているので、記念品として持ち帰ることができます。



この220.3キロの金塊は、新北市黄金博物館を代表する至宝で、世界最大の金塊として、ギネス世界記録の認定を受けています。

チケット

80元/人(体験活動を除く)。入場券の必要ない方は、資格を証明する書類を提出されれば入場無料となります。特殊な状況につきましては当館の公告に準じます。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路