メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

新北市立鶯歌陶瓷博物館

新北市立鶯歌陶瓷博物館

アンカーポイント
更新日:2022-12-05
3576

紹介

2000年にオープンした「鶯歌陶瓷博物館」は、台湾初の「陶磁器」専門の博物館で、「鶯歌老街」とともに陶磁にまつわる文化を普及させる二大重要基地に名を連ねています。同博物館は車の往来が盛んな文化路に位置し、入り口に設置された、穴の開いたコンクリート打ち放しの大きな壁は、外界の喧騒との隔絶を表し、道行く人に館内の静寂さを感じさせるものとなっています。また、館内の地下2階、地上3階では、台湾の200年来の焼き物文化についての展示のほかに、専門的な陶芸ワークショップや、陶芸手作りDIYコースなどがあります。また、博物館の裏には緑地とアートオブジェ、夏に子供向けに開放される水遊びスペースがあり、親子で楽しむのに最適な場所となっています。



陶瓷博物館を訪れた際は、館内のコレクションを観賞するだけでなく、近くの「三鶯之心空間芸術特区」へも足を伸ばし、大型陶磁アートが設置された風景を楽しんでみてください。茶碗、皿、スプーンといった精巧かつ巨大な日常生活用品が地上にそびえ立っているほか、ホットな人気撮影スポット「彩紅風車」(レインボー風車)もあります。1200本もの風車が虹のように並んだ光景を見れば、驚嘆の声を上げ、シャッターを切らずにはいられなくなります!!

打卡熱點

看更多美照
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路