メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

三峡老街

三峡老街

赤レンガのアーケードとバロック様式の牌坊、古い町並みはゆっくり散策するのに最適です
アンカーポイント
更新日:2024-07-14
1万

旅行のヒント

  • レトロな建物の下でノスタルジックな写真を撮影しましょう
  • おすすめのグルメ:金牛角(牛角パン)、猪血糕(豚の血ケーキ)、杏仁茶
  • 路地の3Dウォールアートの可愛い動物の姿を見つけましょう
  • 隣接している三峡藍染ツーリストサービスセンターで、藍染DIY体験が予約できます
  • 毎年7~8月頃の三峡藍染フェスティバルでは、赤レンガの老街が青いリボンで覆われます

紹介

金牛角(牛角パン)で有名な三峡老街は、清代から商業的に栄えた街で、日本統治時代に街並みが整備されると、洋館が次々に建てられました。現在、古風な趣のある三峡老街に足を踏み入れると、赤レンガのアーケードやバロック様式の牌坊が作り出す独特な老街の雰囲気漂い、タイムトンネルを歩いているような気分になります。
三峡老街

三峡老街は古跡、美味しい食べ物、文化のエッセンスにあふれています。古い建物のほか、清代と日本統治時代における三峡地区の主要産業であった樟脳、布染め、茶店、漢方薬、雑貨のお店が立ち並び、ノスタルジックなお店に入ると、かつての三峡の雰囲気を感じることができます。三峡老街に来たら、色々なフレーバーがある有名な三峡金牛角(牛角パン)、3代目に受け継がれている手作り豆花など、昔ながらの味もお忘れなく。
三峡老街

このほか、老街の入り口にある「三峡歴史文物館」では、三峡の豊かな歴史や人と文化の史跡が学べます。老街の中ほどにある「庶民美術館」も訪れましょう。古い建物をリノベーションしたカフェでは、アーティストたちの精巧な絵画や、歯科医師の祖父が昔使っていた器具などを見ながらゆったりと寛げます。

サービス施設

  • バス停
  • 公衆トイレ
  • 停車場
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路