メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

三峽藍染展示中心

三峽藍染展示中心

アンカーポイント
更新日:2021-05-13
2863

紹介

藍染は台湾の伝統的な染物技術の一つで、かつて台湾の主要経済作物の一つであった藍を染料とし、手間のかかる染色工程を経て、青と白の模様に染め上げた布です。清朝統治時代の末期、三峡は台湾北部における染色業の中心でした。三峡老街は、まさに当時の北部における指折りの染色街で、今なお老街に立ち並ぶ染物屋の表札を目にすることができます。また、当時はほとんどの家が染色の仕事に携わっていましたが、家ごとに異なる特色と家伝の染料配合がありました。現在、三峡の染色業にはもはや過去のような繁栄は見られませんが、当時の染物屋建築は依然として数多く保存されています。三峡染工坊(藍染展示センター)は、まさにその藍染文化を保存するために立ち上げられた施設です。ここでは藍染文化について知ることができるほか、藍染DIYを体験することができ、自分だけのオリジナルの藍染品を製作することができます!



藍染DIYの体験時間は毎週土・日の10:00~16:00(平日は20人以上の団体予約のみ受け付けています)。毎週月曜日は休館日となります。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路