メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

挖子尾自然保留区

アンカーポイント
更新日:2021-06-09
769

紹介

大自然の自然生態教室挖子尾自然保留区は、台湾マングローブ分布の北端です。マングローブは河と海が交わる潮間帯の湿地に生育し、特殊な生態景観を育んでいます。「シオマネキ(中国語=招潮蟹)」「トビハゼ(中国語=彈塗魚)」などよく見かける生物のほか、特殊な胎生植物の「メヒルギ(中国語=水筆仔)」、さらにマングローブの密林には多くの鳥類が生息し、とくに4‐5月、8‐9月はバードウォッチングに最適の時期です。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路