メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

菁桐駅

菁桐駅

平渓線の終点を訪れ、小さな町を楽しみましょう
アンカーポイント
更新日:2022-12-05
3446

旅行のヒント

  • ノスタルジー満点で、必ず訪れたい老街です
  • 鶏捲(豚肉と玉ねぎの包み揚げ)や炭鉱工弁当など、伝統的な風味を味わいましょう
  • 炭鉱場珈琲を飲み、歴史的な雰囲気とコーヒーの香りを味わいましょう
  • レトロでエレガントな菁桐駅は、多くの映画やテレビのロケ地となっています

紹介

平渓線の終点である菁桐は、にぎやかな十分や平渓に比べると落ち着いた雰囲気です。隣接する老街にある菁桐駅は日本式の木造で、レトロな空気が漂います。広告や映画のロケ地となっているほか、国内外の旅行者が訪れて記念写真を撮っています。
菁桐駅
電車でこの地を訪れる旅行者が初めに目にするのは、1929年に建てられた菁桐駅です。駅舎は2003年、古跡に指定されました。かつては石炭輸送の重要な施設で、駅の真向いには貴重な炭鉱業の遺跡「洗炭場」があります。高い建造物の洗炭場は現在カフェに生まれ変わっており、コーヒーを飲みながら菁桐の炭鉱業の歴史を感じるのもいいでしょう。続いて世界でもここだけ、スカイランタンの形をした「ランタン派出所(天灯派出所)」や鉄道ファン必見の「鉄道故事館」を訪れ、竹筒に願い事を書いて菁桐旅行の足跡を残しましょう。
菁桐駅

注意事項

警告サインに従ってください。危険ですので、無断で線路を横切らないでください。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路