メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

平溪老街

平溪老街

アンカーポイント
更新日:2022-12-23
5367

旅行のヒント

  • 新北市「平溪天灯祭り」 北台湾で最も盛大な元宵節の祭典
  • 老街上方を通る平溪線の列車を捉える
  • 『あの頃、君を追いかけた』の名場面を再現
  • 台湾で最も古い郵便ポストに旅の感動を投函
  • コスパ最高の定番台湾B級グルメを堪能

紹介

平溪老街(旧市街)には素朴な空気が流れています。坂道と線路の両側に伸びる老街には、古ぼけた家屋が並び、大ヒット映画『あの頃、君を追いかけた』の主人公男女が天灯を上げ願い事をした名場面そのものです。付近の店の多くは伝統的な柑仔店(台湾語で「雑貨屋」の意味)、五金行(小間物屋)、大衆食堂などで、地元の質素な日常が見て取れます。
平溪老街

典型的な山間の町 列車でのんびり
老街上方に掛かる鉄橋を列車が通る時に発する「ゴトンゴトン」という音は、平溪老街独特の環境音です。かつて炭鉱で栄えたこの山間の町には、今も伝統的な細長い町屋が残っており、日本統治時代の風情を残す商店が、通りに淡い和風情緒を漂わせています。観音巌の八仙洞、日本統治時代末期に作られた防空壕、平安鐘もおすすめの立ち寄りスポットです。平溪老街には、人気のご当地グルメ、台湾B級グルメが並びます。ぜひ、一つ二つとつまんでください。コスパの高さは折り紙付きです。
平溪老街

旧正月十五日は「平溪天灯祭り」
天灯は三国時代の孔明が発明したと伝わり、当初は軍事用の伝達手段でした。平溪地区では往時しばしば山賊が出没。天灯は当時、無事を知らせる信号として使われていたのです。1990年代平溪区では天灯を地元の民俗行事として選定。人口流出が続いていた平溪は観光という活路を見出したのです。今では新北市「平溪天灯祭り」は台湾元宵節(小正月)の重要な祭典となっており、「北の天灯、南の蜂炮」と讃えられるほどです。海外メディアにも取り上げられ、新北市を代表する祭りとなっています。
天燈祈福

打卡熱點

看更多美照
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路