メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

連挙人古厝

アンカーポイント
更新日:2019-03-31
312

紹介

双渓郷の開発は200年前に遡り、現在も多くの古跡、古邸宅が残されており、「連挙人古厝」もその一つです。「連挙人古厝」は、双渓の著名人だった連旭春が、清朝の同治6年(西暦1867年)、高級挙人となった後に建てた邸宅であり、すでに150年あまりが経過していますが、建物の大部分はその姿を維持しています。「連挙人古厝」は、伝統的な三合院建築で、正面玄関ホールの横木には「文魁」の額が掛けられています。これは、清朝の初期、巡撫(長官)であった丁日昌から贈られたもので、連家の栄誉であるだけでなく、双渓郷の人文の盛況ぶりを証明しています。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路