メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

九份老街

九份老街

レトロな建物と独特な傾斜の山の町の景観は、各地からの旅行者を魅了しています
アンカーポイント
更新日:2022-11-16
1.6万

旅行のヒント

  • 宮崎駿のアニメに登場したと言われる幻想的な山の町を探索しましょう
  • 映画『悲情城市』のロケ地にもなりました
  • 季節や朝夕で趣が異なる老街は、時間をかけてゆっくりと観光しましょう
  • 夜はうっとりするほど煌びやかな灯りが観賞できます
  • 近くには無耳茶壺山、陰陽海などの観光スポットがあります

紹介

金鉱として栄えていた九份は「黄金山城」とも呼ばれ、かつては金鉱夫が集まり、集落が栄えましたが、その後、金鉱の衰退とともに町も静かになっていきました。1980年代後半の映画『悲情城市』で九份がロケ地となり、その山と海の美しさ、レトロな建物、独特な傾斜の景観がスクリーンに映し出されると、国内外の旅行者を魅了する山の町になりました。
老街內復古建築

カーブした路地にある九份の小さなお店
緩やかな山の傾斜に沿った九份老街は、狭い通りにさまざまなお店が並び、昔ながらのおいしそうな匂いが漂っています。芋圓、肉圓、草仔粿(草餅)など九份に来たら必ず食べたい名物、レトロなおもちゃ、台湾らしさが詰まったみやげ品など、魅力的なものがあふれる中でショッピングが楽しめます。九份の路地を探索し、さまざまな角度から九份の美しさを観賞しましょう。
穿著旗袍逛九份老街的旅人們

茶屋、劇場を訪れ、九份の文化的な魅了を感じましょう

人混みを避けて一休みしたい場合は、茶屋や茶芸館に入りお茶の文化や精巧な茶器について学ぶのもいいでしょう。お茶とお茶菓子を楽しみながら、静かなひと時を過ごすこともできます。九份の最初の劇場である「昇平戯院」も訪れましょう。館内にはレトロなチケット売り場、昔の映画のポスター、売店などが展示されており、1960年代の劇場のスタイルが再現されています。昔の映画館の雰囲気が体験できる貴重な場所となっています。
茶樓外觀

 

サービス施設

  • バス停
  • 公衆トイレ
  • 停車場
  • 警察隊

打卡熱點

看更多美照
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路