メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

猴硐(猫村)

猴硐(猫村)

山にある石炭の街で、当時の鉱山労働者の日常を体験しましょう
アンカーポイント
更新日:2022-12-05
9425

旅行のヒント

  • 猴硐駅の猫駅長と会って一緒に写真を撮影しましょう
  • トロッコに乗って炭鉱坑の中を通り抜け、当時の鉱山労働者の日常を体験しましょう
  • 猴硐煤鉱博物園区を訪れ、館内で石炭採掘の歴史を学びましょう
  • 炭鉱工弁当、駅前のグルメなど、地元の昔ながらの味を楽しむのをお忘れなく
  • 復興橋を渡り、かつての柴油機車庫(ディーゼル機関車の車庫)、鉱坑の入口、宿舎を参観しましょう

紹介

猫村として有名な猴硐は、炭田地質に恵まれており、多くの人々が石炭の採掘に訪れた、台湾の石炭産業における重要な街でした。現在もなお、鉱坑、トロッコ、石炭輸送橋、鉱山労働者の宿舍、瑞本三鉱業会社など、鉱業に関する遺跡がたくさん残されています。また、トロッコに乗って炭鉱坑の中を通り抜け、鉱山労働の苦労に思いを馳せることができます。独特な体験は忘れられないものになるでしょう。
侯硐(猴硐)貓村


猴硐に最新の石炭生産設備があったことをご存じですか?

電車で猴硐を通過する際、黒い建物の壁に大きな字で「産煤裕國/瑞三礦業公司」と書いてあるのに気付きましたか?石炭の採掘において地理的に恵まれた猴硐にはかつて最新の石炭洗浄、生産設備があり、宜蘭線の鉄道路線が開通すると台湾の産業を支える燃料の重要な街になりました。この選炭場が、まさにその証です。
侯硐(猴硐)貓村


運煤橋(石炭輸送橋)から猴硐の景色を見渡しましょう

かつての壮観な選炭場を一望したいなら、運煤橋(石炭輸送橋)に行けば、小さな町と鉱業の遺跡が見渡せます。また、基隆河の甌穴など、美しい地質的景観も観賞できます。夜間、谷間に架かる運煤橋(石炭輸送橋)の灯りが基隆河に映り込む様子は、写真マニアなら必ず撮影したい猴硐の夜景です。
侯硐(猴硐)貓村

サービス施設

  • 公衆トイレ
  • 停車場
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路