メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

大漢渓生態廊道

アンカーポイント
更新日:2023-12-18
2523

紹介

渡り鳥の新故郷、環境保護の新しい模範大 漢渓沿いの全長 18km に華江、新海 1 期~ 3 期、浮洲、打鳥埤、城林の7つの湿地があり、内政部の国家級湿地に指定されています。渡り鳥に聞けばはっきりしますが、もともと定期的に移動を行うセイタカシギやカモなどの渡り鳥が、現在、群れを成して定住しており、生態教育の活きた教材となっています。現在、新北市政府は、この地へ電気自動車の配備を始め(もちろん最良の散策手段は徒歩)、湿地観光を打ち出しています。専門ガイドの手配もあるので、現場で説明を聞ながら、水岸の景観を楽しむことができます。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路