メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

皇帝殿歩道

皇帝殿歩道

アンカーポイント
更新日:2023-03-29
2298

紹介

刺激とスリルの度胸試し「皇帝殿歩道」は、新北市で人気の郊外山越えトレッキングルートで、多くの冒険好きの挑戦を引き付けています。一般的に言われる「皇帝殿」は東峰に始まり西峰で終わる細く狭い岩稜のことを指します。両方の峰の間は直線距離で2キロメートル、非常に珍しい縦に走る岩稜で、陵の頂上部は非常に切り立っており、一人が通れる幅しかありません。両サイドは不毛の大峭崖で、見た感じ非常にスリリングで刺激的です。皇 帝殿には 3 つの登山口があり、石碇老街に最も近いのは、公共駐車場のところにある西峰登山口です。ここから登ると、天王廟、皇帝殿陵岩尾根を通って東峰などへ行けます。皇帝殿の名が広く知れわたっているのは、山頂の稜線がわずか一歩分の幅しかなく、歩くときかなりスリルがあり、もし強い風でも吹こうものなら、肝っ玉の小さい人は何度も叫び声をあげてしまいます。しかし、安全のため、現在は稜線に手すりが付けられており、大人も子供も安心して挑戦できます。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路