メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

新荘廟街ショッピングエリア

新荘廟街ショッピングエリア

アンカーポイント
更新日:2023-12-22
3603

旅行のヒント

  • 老街の古いお寺に入って参拝し、祈りましょう
  • 100年の老舗菓子店で味わう老街を代表するお菓子・鹹光餅
  • 新月橋を順遊し、大漢渓の水辺を散歩

紹介

新荘は即ち「新興の街庄」を指し、清朝康熙末年に創立された新荘廟は現在すでに300年余りの歴史があります。新荘は台北盆地内で最初の市鎮で、淡水河流域の便利な水運に恵まれていました。新荘は清朝時代には「1000の帆柱が林立する新荘港、何千もの明かりがともる市」と称され、一時は台湾第三位の繁華街となりました。各地からの移民は自分の故郷の信仰を持って新荘で生活したため、新荘は新北の多くの老街の中でも100年の歴史を持つ廟が最も密集したエリアになり、新荘廟街と呼ばれています。
新荘老街

神々に守られた老街
神々の庇護を受けた新荘廟街ショッピングエリアには線香の煙が盛んな古い廟があり、これらの廟は新荘の数百年以来の盛衰を見てきた新北市の重要な文化資産です。その中でも、廣福宮は国定古蹟に指定されています。慈祐宮、武聖廟、文昌祠は市定古蹟に指定されており、いずれも新荘地区の重要な信仰の中心です。新荘の街歩きのついでに、廟に入ってお線香をそなえ、家内安全と国家安泰をお願いしてみましょう。
新荘老街
新荘老街

廟の前にあふれる香り
新荘廟街の歴史的趣は骨の中に隠されています。米市街、戯館巷、鍛冶屋などの100年の歴史ある街並みと老舗は、老街特有の匂いと音を発散しています。新荘廟街は夜になると賑やかな夜市に変身し、潤餅捲、モンゴル焼肉、瓜仔肉飯、紅糟肉圓など食指が動かされる露店が立ち並びます。100年の古廟の前は蒸気と香りが立ち上り、どの露店もすべて経験豊かな老舗の味わいを提供しています。
新荘老街
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路