メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

新北大都会公園(二重疏洪道河濱公園)

新北大都会公園(二重疏洪道河濱公園)

世界最大の堤防すべり台がある全年齢対象型のインクルーシブ公園で、大人も子供も遊びながらストレス解消できる楽園です
アンカーポイント
更新日:2023-06-09
5099

旅行のヒント

  • 台湾の代表的な動物をテーマにしたレジャーパーク
  • 大人も子供も夢中になるユニークな31基のすべり台
  • 子供が日中から夜まで遊べる100種類以上の遊具施設
  • MRT駅出口の大型すべり台を滑ると一瞬で公園に到着です

紹介

新北市大都会公園内にある「熊猴森パーク」は、2020年7月に全面オープンしました。4ヘクタールの敷地面積を誇る園内に、台湾の代表的な動物をイメージしてデザインされた様々な遊具施設と台湾最大の堤防すべり台がある、全年齢対象型のインクルーシブ公園です。全エリア内に大小さまざまなすべり台31基と100種類以上の遊具施設があり、子供が日中から夜まで夢中で遊べるほか、大人も一緒に楽しんでストレス解消できる楽園です。
新北大都会公園(二重疏洪道河濱公園)
台湾の代表的な動物をテーマに象った遊具に子供たちも大喜びです
熊猴森パークを上から見下ろすと、カラフルな空、山、森、渓流など、さまざまなテーマが広がっています。タイワンキジのすべり台、タイワンアオカササギのクライミングネット、タイワンマスのネットトンネル、タイワンツキノワグマのブランコなど、台湾の代表的な動物をテーマに大型遊具施設が立ち並んでいます。そばに設置された解説パネルには、遊びながら学べるよう動物の名前、習性、大きさなどが紹介され、解説パネルの裏側には、遊具施設の対象年齢や注意事項が詳細に記載され、子供たちが楽しく探検しながら、チャレンジ性のある遊具も安全に遊ぶことができます。大人たちもかわいい動物たちの写真を夢中で撮っています。
新北大都会公園(二重疏洪道河濱公園)
旅行者にエネルギーを補給する可愛いキッチンカー

熊猴森パークの隣にはキッチンカーが停まり、遊び疲れた旅行者にエネルギーを補給しています。近くには親子トイレやバリアフリーの歩道もあり、気持ちよく遊べるように配慮された設計となっています。現在、熊猴森パークの開園時間は午前6時~午後10時です。夏には、夕方に訪れることをおすすめします。夜間照明も十分なため、子供たちの夜のパーティーに最適な遊びのパラダイスとなっています。
新北大都会公園(二重疏洪道河濱公園)
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路