メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

大同山登山道

アンカーポイント
更新日:2019-07-31
1002

紹介

大同山は海抜237メートルの山で、台湾鉄道佳山駅の真北に位置しており、地域の人々からは「樹林の裏庭」と呼ばれています。大同山の山道は一見、険しそうですが、実際に歩いてみるとスムーズに登ることができます。山道にはロープの手すりが備えられた階段歩道があり、また中腹には海会寺、海明寺、福徳宮などの寺院があり、登山者に休息の場を提供しています。山頂には台北都市圏を見下ろす東屋と展望台があり、夜景観賞にうってつけです。日没時には涼しくさわやかな山風に吹かれて一休みすることができます。

diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路