メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

旧清朝英国領事館

旧清朝英国領事館

アンカーポイント
更新日:2022-12-05
3568

紹介

紅毛城の東側にある「英国領事館官邸」は、赤レンガとアーケードのある洋館建築で、紅毛城のお城のスタイルとは全く異なります。領事館のレンガ造り建築はイギリスの建築家による設計で、中国の技師が施工しました。また、中国建材や赤レンガビル、アーチの回廊、傾斜のある屋根、高い石段等を活かし、典型的な植民地建築の特色をうまく表現しています。現在、館内では毎週末DIY教室を開催しており、12月は「歴史パズル体験イベント」というテーマで、パズルを通して領事官邸の床タイルの幾何学模様の構図を知ることができます。



英国領事館は1891年にイギリス人が建てた赤レンガの二階建て洋館で、外壁のレンガに彫られた「VR1891」のデザインと花瓶型の欄干は非常に美しい見栄えです。19世紀中頃にイギリス人が東アジアと南洋通商、植民時に建てたこのような洋館は、一般的に「植民地式建築」と呼ばれています。南門は入り口で、観音山の石を積み重ねています。洋館には前方に広い草地まであり、レンガ造りである本体の二階建て回廊とマッチしています。これはイギリスの植民地で流行していた「バンガロー」スタイルで、ビクトリア時代の洋館です。

正門の外のレンガ壁には、イギリスを象徴するバラやビクトリア時代の「VR1891」のデザイン、台湾スタイルの緑釉の花瓶の欄干や土台床付近にある「古銭紋」の石刻窓といった、12のレンガ彫りがあります。この他、レンガ柱の縁にある細い弧線のエッジングや柱の頭部、本体、土台の構造はどれもギリシャの石造の細部を模倣したもので、高度なレンガ作り技術を表しています。(引用元:内政部台閩地区古蹟情報ネットワーク)



淡水英国領事館は1870年代に建てられたものですが、正面の壁のレンガ彫りにある年代から、1891年に大規模な増築があったことがわかります。新北市淡水区の地形的に恵まれた丘の上にあるため見通しも良く、精巧で美しい赤レンガの洋館建築です。現在では紅毛城古跡区の一部となり、一級古跡に指定されています。

1860年代、台湾は列強の商人や宣教師の上陸を受け入れており、洋行と領事館もこの頃から作られるようになりました。

このような洋風の邸宅はヨーロッパの西洋建築と全く同じではなく、熱帯地域で暑さをしのぐアーケードという特色が取り入れられています。家がアーケードにぐるりと囲まれているのが標準的な洋館となり、東南アジアのシンガポールからマカオ、香港、台湾、上海、青島にいたるまで、洋館は西洋勢力の到来を象徴していました。

高雄および淡水の英国領事館は1860、70年代に建てられたもので、東アジアにはあまり残っていない初期の洋館です。特に淡水の領事館の施工技術はすばらしく、使う資材にも非常にこだわっています。今でも完全な形で保存されている19世紀末の耐火鉄製波板アーチは鉄筋コンクリートの前身で、学術的価値が高く一見の価値があります。
 
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路