メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

銀河洞登山歩道

銀河洞登山歩道

山腹の崖から真下に落ちる独特な滝の美しい景色が旅行者に大人気です
アンカーポイント
更新日:2024-05-26
4259

旅行のヒント

  • 銀河洞はインスタ映えスポットです
  • 撮影テクニック:廟から突き出た小さなバルコニーに立ち、滝と岩の洞窟をバックに撮影しましょう
  • 途中の木陰の歩道はとても心地よく、新鮮な空気が満喫できます
  • 銀河洞越嶺歩道から猫空ロープウェイ駅までハイキングできます
  • 歩道の階段は湿って滑りやすいため、足元にご注意ください

紹介

インスタで大人気の新北市新店銀河洞では、観世音菩薩を祀る小さな廟が山の壁に埋め込まれている独特な光景を見ることができます。隣の滝と枝葉と相まって仙境のイメージが作り出され、旅行客が必ず訪れる幻想的な観光スポットとなっています。
銀河洞登山歩道
銀河洞の探索

銀河洞は楣子寮渓の上流に位置し、山の壁が内側に凹んでできた洞穴です。観音廟のバルコニーから滝やシダ植物を観賞できるほか、石のテーブルや椅子で休憩して、山林の雰囲気が楽しめます。小さな廟を通り抜けて、後方にある呂洞賓廟を訪れるのもおすすめです。間近で滝に触れ、ひんやりした水と戯れるのもいいでしょう。滝の上にある岩石には呂仙祖の足跡があり、景美仙跡岩の足跡と対をなすという言い伝えがあることから、ここに呂洞賓廟が建てられました。山林に神秘的な伝説の彩りを添えています。
銀河洞登山歩道
アクセス方法

バスで「銀河洞」または「中生橋頭」まで行き、徒歩10分で登山口に到着。銀河洞越嶺歩道を進み、約30分で銀河洞の仙境に到着します。体力に自信のある方は、銀河洞越嶺歩道から猫空ロープウェイ駅までハイキングもおすすめです。充実した1日の旅が楽しめます。
銀河洞登山歩道
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路