メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

望古駅

アンカーポイント
更新日:2022-07-18
1071

紹介

文献の記録によると、望古という地名は清朝の咸豊時代(1851~1861年)に泉州からやってきた胡結がこの地を開坑して石炭を採掘し、その後水没したことから「亡鉱坑」と名付けられたことに由来しています。日本人がやってきた後、「望古坑」と改称されました。不毛な土地であったため、当時この地を開墾して定住する人は非常に少なく、平渓区で比較的遅く開墾された地域です。もともと慶和駅と呼ばれていた望古駅と大華駅はどちらも炭鉱労働者の要請により設立されたものですが、1972年の設立時にはすでに無人駅でした。
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路