メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

金山跳石海岸

金山跳石海岸

アンカーポイント
更新日:2021-12-25
2235

旅行のヒント

  • 每年秋から冬にかけて、変化に富んだ雲海が見られる
  • バス、GoShare、Youbikeなどエコな交通手段が利用できる
  • 道路脇には多くの駐車スペースがあり便利
  • 黄昏時は、夕霞が海に映る美しい景色が見られる
  • 近くのカフェでアフタヌーンティーを

紹介

断崖絶壁が続く淡金公路を石門へ向かうと、数十km続く長い海岸線には、大小さまざまな礫が落ちており、真っ白に泡立つ波が打ち付けています。每年秋から冬にかけて、北海岸の天空では雲が多様な変化を見せてくれます。この絶景は跳石海岸の風物詩となっており、多くの人を魅了しています。近くのカフェでアフタヌーンティーを楽しみながら、または潮風に吹かれながら海岸を散策し、跳石海岸の景色を味わいましょう。
四處可見圓潤的礫石

「跳石海岸」の名前の由来
淡金公路が開通するまで、ここでは、荒れ狂う波が訪れる人を拒んでいました。かつてここを通り過ぎる時は、引き潮を待ち、礫を跳び跳びに伝って進むしかありませんでした。そのため「跳石海岸」と呼ばれるようになったのです。
海邊風光一覽無遺


連綿と続く海岸で数万年前の石ころと対話

跳石海岸では、丸く滑らかな礫がいたるところに見られます。これは数万年前の大屯山の火山活動で噴出した火山岩で、後の山崩で多数の石塊がさらに生み出され海岸に堆積しました。それらが長い期間、波と東北の季節風にさらされ侵食された結果、丸みを帯びた礫となり、この地の独特な火山海岸景観を形成したのです。跳石海岸では、数万年前からこの地にとどまる石ころと対話してみませんか?心を空っぽにして、時の流れに身を任せてみましょう。

打卡熱點

看更多美照
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路