メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

三貂嶺エコフレンドリートンネル

アンカーポイント
更新日:2024-06-24
2331

紹介

瑞芳駅から雙溪駅まで9つの旧トンネルがあることから、「運賃一銭で九つのトンネルを越える」という台湾語のことわざが生まれました。そのうち4つの旧トンネルには自転車道が整備されています。旧宜蘭線の鉄道トンネルが30年の荒廃を経て再び「開かれた」後の三貂嶺エコフレンドリートンネルは総長3.19キロメートルで、台湾で初めての「鉄筋自転車道」となりました。設計者は池の設計を利用して入口が暗闇から明るくなるよう設計し、三貂嶺翠の青々とした山色と鮮やかな鏡面反射の影を生み出しました。また、チャンスがあれば列車も見ることができます。トンネルから壁掛桟橋までは双方向の交通安全のため、自転車は必ず徒歩で牽引してご通行ください(徒歩約40分)。

三貂嶺トンネルと三瓜子トンネル自転車道は雙溪牡丹と瑞芳三貂嶺の2つの観光路線を連結し、青春山海線の低炭素観光ルートの中で最も新しい路線です。交通への影響を減らし、トンネル内の使用可能空間に限りがあることを考慮し、参観時にはまずネットで入場を申請する必要があります(ここをクリック)。コースには特徴を説明するプレートが設置されており、現地ではガイドによる解説サービスもございますので予約サイトからお申し込みください。

サービス施設

  • ビジターセンター
  • 自転車ステーション
  • 遊歩道
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路