メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

双渓駅

双渓駅

アンカーポイント
更新日:2021-12-23
1066

紹介

新北市双溪区の台鉄双溪駅はかつては「頂双溪駅」と呼ばれていました。二つの島式プラットフォームを有し、もとの木造の駅舎は標高35mにありましたが、炭鉱業の発展に伴い旅客数が増大。客貨業務の成長に応えるため、コンクリートの駅舎に改造されました。双溪駅は、プラットフォームと路床が高く、台鉄牡丹駅との間の斜度は千分の16にもなり、鉄道ファンに「牡丹坡(坂)」と呼ばれています。

台鉄双溪駅から牡丹溪川岸にかけての狭いエリアは、交通が比較的便利なため、老街とは異なる街が発展し、現在双溪では最もにぎやかな地区です。駅から岸辺までは100m余り。ここでは東北部の山間に特有の建築様式が見られます。
 
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路