メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

新北市美術館

新北市美術館

アンカーポイント
更新日:2023-12-22
329

旅行のヒント

  • 北台湾芸術の新ランドマーク、三鶯の芸文拠点を結ぶ
  • 高低の異なる銀白色の管状構造は、葦が風に揺れるダイナミック感を表現しています
  • 鶯歌の陶芸文化を伝える屋外エリアのパブリックアート
  • 外は大漢渓自転車道につながっており、川岸の風景をゆっくりと楽しもう

紹介

新北市美術館は、陶磁器工芸で世界的に有名な鶯歌に位置し、銀白色の建物は鶯歌渓と大漢渓が合流する新生地に位置しています。三鶯河岸地帯によく見られる葦をデザインコンセプトとし、外壁は高低にずれた管状線形で葦が風に揺れるイメージを表現しています。美術館は新北市の多元的な文化館、芸術コミュニティ、地方産業と自然生態を結びつけ、新北に都市美学と芸文の発展をもたらしています。
新北市美術館

葦の中の現代美術館
大漢渓の広大な砂浜に建設された新北市美術館は、美術館本館、児童美術館、ドーム芸術空間、芸術街坊、活力草地、三鶯の心などのエリアが設計されています。美術館の閉鎖的な建築設計を打ち破り、開放的な空間が河岸の風景に溶け込む、美術館エリアを開放性とインタラクティブ性を兼ね備えたアート空間にしました。
新北市美術館
戶外園區

三鶯の心
屋外エリアには鶯歌陶磁器文化とリンクしたパブリックアートが設置されています。その中で最も目立つのは高さが15メートルに達するオレンジ色のろくろです。このろくろは製陶の起点を表し、その中に入ると上から日光が降り注ぎ、場を一瞬にして神秘的な雰囲気にします。らせん階段で頂上に登れば、鶯歌と三峡の風景を眺めることができます。園区に隣接する大漢渓左岸自転車道、建設中のMRT三鶯線は三鶯地区の芸術文化の交流を結びつけています。
三鶯之心
三鶯之心

打卡熱點

看更多美照
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路