メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

猴硐ビジターセンター

アンカーポイント
更新日:2023-12-22
102

紹介

猴硐ビジターセンターは淡蘭古道北路の金字碑古道に近く、2022年6月に改築されました。デザインは周辺環境との融合の永続性を強調しています。完全に閉鎖されていない天井と開放的なプロムナードは自然光と風が中庭を流れるように設計されています。屋根は赤色系の薄い素材で建物を覆い、周辺の赤レンガで作られた古い家屋と大自然環境の緑色と一体感があります。垂れ下がった屋根は館内外の境界となり、雨水を雨水花園に導きます。この地の自然環境と呼応し、生態循環を強調しています。緑で覆われた山中に赤いランドマーク効果を生み出しています。

新デザインはビジターセンターのステーション機能を継続するほか、環境改善後は登山愛好家やサイクリング愛好家が休息してエネルギーを補給する拠点としてより多くの憩いと日陰を提供しています。建物右翼の展示室は100年の淡蘭古道及び基隆河100年の鉱業をPRし、地方の文化と歴史を織り交ぜ、人々に伝えています。

サービス施設

  • ビジターセンター
  • 公衆トイレ
  • 停車場
  • 自転車ステーション
diary-photo
本区の写真と文章はすべてFacebookとInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
ページの先頭に戻る
小客帶路