メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

新北の蛍の美を探索:蛍マップで生態を体験

アンカーポイント
105
新北市政府観光局 プレスリリース 113.04.17
新北の蛍の美を探索:蛍マップで生態を体験

【新北市】毎年4月中旬から5月初めは蛍を観察する最適な季節であり、新北市には多くの蛍の魅力的な場所があります。人々は美しい景色を楽しみながら、夕方には蛍が舞う美しい姿を鑑賞できます。新北市政府観光局は、「新北蛍観光マップ」ガイドを制作し、バス、MRT(マス・ラピッド・トランジット)、列車、または自転車でアクセス可能なグリーンな蛍の場所を紹介しています。これらの場所には、平渓線鉄道沿線、新店碧潭と和美山歩道、烏来雲仙楽園が含まれており、地元での一泊滞在を計画することで、自然の美しさを深く感じることができます!

平渓線鉄道沿線は多様な観光スポットがあり、大台北近郊の日帰り旅行に最適な場所です。鉄道沿線の地域は街灯が少ないため、山や川のそばは蛍の理想的な生息地となっています。昼間は壮大な滝の景色を楽しみ、夕方には菁桐や平渓老街の近くに行って、夢のような蛍の光を探索できます。さらに、多くの学校、地域コミュニティ、および民間団体が素晴らしい蛍観察イベントを開催しています。平渓区の平渓国小、菁桐国小、紫東コミュニティ、および平渓区のガイドサービス「Hi Ha Pingxi」や新平渓炭鉱博物館などが、独自の蛍観察ツアーを提供しており、蛍の光る道を歩きながら地元の特色や鉱業文化を体験することができます。

また、MRTでアクセスできる人気の蛍の観察スポットは、新店碧潭の和美山歩道です。新店駅から徒歩10〜15分で登山口に到着し、歩道沿いには星のように光る蛍が群れをなしています。山の頂上では、碧潭の美しい景色や南港山、台北101の夜景を一望できます。蛍の種類や生息地の知識を学びたい方は、「台湾自然科学協会」でオンライン登録を5月1日まで受け付けています。また、バスで烏来に到着し、マオコンゴンドラで烏来雲仙楽園にアクセスすることもできます。雲仙楽園の特別な地理的位置と自然の美しさは、観光客に大変人気があります。最近では、生態保護と教育を積極的に推進し、導観員が参加者を蛍の生息地へ案内し、豊かな生態環境を体験できる「スターライトチケット」を6月30日まで提供しています。

新北市政府観光局の楊宗珉局長は、微涼な夜に蛍の光が伴うことで、自然を愛し、生態を大切にする最高の自然の教室が提供されると述べました。蛍を観察する際には、長袖、長ズボン、布製またはレインシューズを着用することが重要です。蛍を捕まえたり持ち帰ったりすることは厳禁であり、草地を踏むことは蛍に重大な害を及ぼす可能性があります。観賞する際には、美しい蛍たちに自然で持続可能な繁殖環境を残すことを忘れないでください。蛍を観察する際の安全性を確保するために、現地のガイドツアーや地元の住民と一緒に行動することをお勧めし、蛍やその生息地に関する関連知識を得ることで、蛍の観察体験をさらに豊かにします。新北市の観光情報については、関連リンクをご覧ください。

翻訳:OpenAI

関連写真

近期新聞
ページの先頭に戻る
小客帶路