メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

百年の淡蘭古道が国際化 四県市が日本と協力し友好の道を発表

アンカーポイント
101
新北市政府観光旅遊局プレスリリース 113.5.19
百年の淡蘭古道が国際化 四県市が日本と協力し友好の道を発表

【新北市発】新北市政府は台北市、基隆市、宜蘭県、中央機関および日本の代表者と共同で「淡蘭百年山径北北基宜会師および台日友好の道発表」イベントを開催しました。市民と共に登山を楽しみ、百年の歴史を持つ淡蘭古道「金字碑古道」と日本の宮城オルレの「奥松島ルート」が国際友好の道として締結される瞬間を見届けました。

淡蘭古道は、かつて淡水庁から宜蘭の噶瑪蘭庁への主要な交通ルートであり、200年以上の歴史を持っています。現在の北台湾の台北市、新北市、基隆市、宜蘭県の4つの行政区を横断しています。この淡蘭百年山径の文化と観光の魅力を広めるため、2016年から毎年四県市が交代で「淡蘭会師イベント」を開催し、共同で推進してきました。各機関の協力のもと、淡蘭百年山径にはサービス拠点、テーマウェブサイト、関連出版物など多くのソフト・ハード施設が完成し、国内外の多くのハイカーが訪れ、淡蘭の山と海の風景を楽しむことを期待しています。

新北市の侯友宜市長は、淡蘭古道の70%が新北市に位置しており、台湾初の国家級グリーンウェイであることを強調しました。2023年11月12日には、淡蘭古道と日本の宮城オルレの道が正式に国際友好の道として締結され、日本の宮城オルレの道に淡蘭石柱が設置されました。今年は淡蘭古道に赤いオルレの小馬が設置されました。国際友好の道として締結された日本の宮城「奥松島ルート」と淡蘭「金字碑古道」には多くの共通点があります。いずれも日本と台湾の北東部に位置し、それぞれ豊かな文化と歴史を持っています。例えば、マッケイ宣教師の活動や縄文時代の文化などです。さらに貴重なのは、宮城県が311津波後に困難な再建を遂げた精神と、先人が淡蘭を開拓した精神が一致していることです。今年設置された赤いオルレの小馬は、淡蘭古道が国際化したことを示しています。

新北市政府観光旅遊局は、市民がアウトドアに出て山林の魅力を体験することを奨励するため、5月25日と6月1日に台湾トレイルデーに合わせた2つのハイキングイベントを計画しており、市民が山林に入り自然に親しむことで、人と人、人と地域環境の親密な関係を築くことを目指しています。詳細情報は関連リンクをご参照ください。

【This news release has been translated by ChatGPT.】

関連写真

近期新聞
ページの先頭に戻る
小客帶路