メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

スマイル・トレイルズ大縦走旅行ルートが都市と故郷の山を結び、地元の生活美学を深く体験

アンカーポイント
新北市政府観光旅遊局ニュースリリース 113年5月28日
スマイル・トレイルズ大縦走旅行ルートが都市と故郷の山を結び、地元の生活美学を深く体験

【新北市発】109年にスマイル・トレイルズブランドが立ち上げられて以来、多くの人々が山林に足を運び、小さな町を訪れるようになりました。特に親子連れが増え、旅行を通じて近隣都市の故郷の山に親しむ機会が増えています。山林の観光圏を拡大し、スマイル・トレイルズにさらに多くの旅行方式を提供し、国内外の観光客が新北市の山林と都市の美しい距離をより気軽に感じられるようにするため、新北市政府はブランドの立ち上げに続き、200キロ以上の山林トレイルの調査と資源の点検を続けてきました。地方のワークショップや専門家との合意を経てトレイルの整備を行い、山林と町の観光の概念を融合させた「スマイル・トレイルズ大縦走旅行ルート」を本日(5月28日)再び発表しました。縦走旅行ルートは山林トレイルで町同士を結び、ユニークな山林資源を体験する機会を提供するだけでなく、山林トレイルを通じて異なる町の歴史、産業、文化の独特なストーリーを深く感じることができます。

「スマイル・トレイルズ大縦走旅行ルート」は5つの主要なセクションに分かれています。大棟山系セクション、鳶山山系セクション、天上山系セクション、二格山系セクション、五分山群セクションから成り、主に山林トレイルを利用し、自転車道、産業道路、大衆交通ルートなどを結びつけ、全長108キロの故郷の山の旅行ルートを計画しています。このルートは樹林、鶯歌、三峡、土城、中和、新店、深坑、石碇から平渓までつながっています。このルートは異なる山系セクションを結び、台湾のユニークな山林に素早くアクセスして豊かな資源を楽しみ、都市の景観を見下ろし、周辺の町を巡ってこの土地の山林と共に発展した石炭採掘の歴史、藍染め文化、お茶産業などの地元のストーリーを体験できます。

スマイル・トレイルズは民間の店舗や組織と協力し、15箇所の「サービス拠点」を設立しました。ここではスマイル・トレイルズの資源について相談でき、各ポイントの実際の状況に応じた各種のサービスが提供されます。また、台湾の著名な若手書道家である徐経綸氏を招き、サービス拠点の識別サインをデザインしてもらいました。伝統的な形式を破り、書道の線とスマイル・トレイルズの識別理念を統合した作品で、現代的で革新的な風味を持つ芸術作品となっています。

新北市長の侯友宜氏は、住みやすく美しい都市生活のビジョンを創造することを期待していると述べました。スマイル・トレイルズは単なる山林観光ルートではなく、人々のニーズに応える地元の観光ブランドであり、人々が憧れる山林美学のライフスタイルになります。スマイル・トレイルズは新北市に最も近い浅山トレイルであり、家を出てバス、列車、さらにはMRTを利用すれば約30分で登山口に到達でき、忙しい現代人にとって、これらの山々は「心の拠り所」であるだけでなく、都市において重要な「故郷の山」となっています。

国際的なスケッチアーティストである王傑氏が案内役を務めるイメージフィルム「都市の中の故郷の山に入る」で彼は「山は自然の一部であり、人間生活の延長でもある。生活のあり方がどのように形成されるかは、元々の自然条件と密接に関連している」と述べています。画家としての独自の視点でスマイル・トレイルズの生活美学を人々に理解させ、彼が見た故郷の山の姿を筆で記録しています。

今年は10回の「スマイル・トレイルズ縦走旅行体験ツアー」も開催され、参加者がスマイル・トレイルズの美しさを近くで感じ、故郷の山を探訪し美しい山林を体験できるようになります。最初の活動は5月28日(火)午後2時から受付を開始します。新北市の観光情報の詳細は、関連リンクをご覧ください。

【This news release has been translated by ChatGPT.】
近期新聞
ページの先頭に戻る
小客帶路