メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

新北トラベルネット

華麗な花火が碧潭に咲き誇る 水舞と空舞の共演で300秒間の輝き

アンカーポイント
145
新北市政府観光旅遊局プレスリリース 113.05.30
華麗な花火が碧潭に咲き誇る 水舞と空舞の共演で300秒間の輝き

【新北市報道】300秒の碧潭花火が昨夜(29日)に無事に開催され、色とりどりの花火が碧潭の夜空を照らしました。華麗な水舞と共に動き、碧潭独特の空舞と水舞が共演し、碧潭の美しさを演出しました。このイベントには1万人以上が碧潭広場に集まり、花火の魅力を楽しみました。碧潭花火は6月5日、12日、そして8月14日、21日に再び碧潭の夜空を照らし、ロマンチックで感動的な花火を共に楽しむことができます。市民の皆さんを招待し、碧潭水舞の新たな高潮を迎えましょう。

碧潭花火は時に壮大で、時に軽快な曲調「天光一色」に合わせて、約80メートル幅の中低高度の花火が徐々に上がり、25~30メートルの高さで華麗な扇形に開きます。三段花束、緑の閃光滝に青い花束、そして彩牡丹に彩花束など、様々な花火のブーケが生き生きとした層を持つ景色を作り出します。躍動する水舞と色とりどりの舞台照明が融合し、異なる層と高さで「空舞」と「水舞」が共に舞い、独創的なパフォーマンスを展開します。最後には、夜空に錦冠花火が咲き、不凋の花のように輝き、独特の流星滝の効果を演出し、動感と華麗なシーンを呈現します。1,500発の花火が打ち上げられ、その瞬間瞬間が観客を驚かせ、感動で満たします。新北市政府観光旅遊局の楊宗珉局長は、6月5日と12日に碧潭で再び花火が打ち上げられること、そして7月17日、24日、31日、8月10日には台北市の大稻埕で花火が輝き、双北市の夜を美しく彩ることを発表しました。8月14日と21日には再び新北市新店碧潭の空に花火が打ち上げられるので、市民の皆さんに素晴らしい瞬間を逃さず、家族と共に碧潭で花火を楽しむよう呼びかけています。

碧潭水舞は6月1日に第二波の新しいプログラムに切り替わり、「眾人之聲」と「人景共榮」の曲目が披露されます。「眾人之聲」は合唱と管弦楽を主とし、壮大で調和の取れた雰囲気を作り出し、音楽のリズムは人々の姿と声に合わせて変化します。「人景共榮」は電子音楽とジャズを主とし、現代的でカラフルな雰囲気を作り出し、リズムは碧潭の四季に合わせて変化し、百年以上の碧潭の独特の風景を曲調で表現します。碧潭で水舞を観賞する際には、碧潭の湖光山色と都会生活を結ぶ重要なランドマークである碧潭吊橋を見逃さないでください。歴史ある碧潭吊橋は夜になると光の彫刻によって、密集して力強い光の変化を演出し、絶え間なく続く七色の光が橋全体を虹のように夜空に描き、碧潭に無限のロマンチックな風情を添えます。詳細な観光情報については、関連リンクをご覧ください。

【This news release has been translated by ChatGPT.】

関連写真

近期新聞
ページの先頭に戻る
小客帶路